乾燥を防ぐための保湿と健康(体調管理)

年齢とともに新陳代謝の周期が遅くなり気温の低下やお手入れ不足、体調不良によって機能が衰えていきます。新陳代謝の機能が衰えると、肌に必要な保湿成分のNMFや細胞間脂質などが十分に供給されなくなります。
そうなると角質層の保湿機能やバリア機能が低下し、肌が乾燥しやすくなります。

適正な新陳代謝には保湿ケアが欠かせないため、化粧水や乳液、美容室、クリームなどで肌の潤いを保つお手入れが必要になります。

化粧水や乳液を使うタイミングはお風呂上りや洗顔直後が良いと言われていますが、タオルで軽く水気を拭いたその直後に行うと角質層内の水分が高く浸透率が高いのでお手入れに最適な状態になります。

空気の乾燥に伴いのどを痛めやすく風邪を引いてしまいがちになるため、身体を温める作用がある根菜類を摂取し、薬味として生姜や鷹の爪、柚子、粉山椒などを加えると効果があがります。さらに、食後にビタミンCの多い果物を取り入れることで免疫力が高まります。

健康(体調管理)を維持するためには質の良い睡眠をとることも大切になります。

毎日同じ時間帯に眠るようにし、午後22時から午前2時の間には眠るようにすることで肌にも健康(体調管理)に良い結果になります。

上野 銀座カラー 脱毛サロン

メイクアップのコツ、ファンデーションは肌の色をよくみて

メイクアップを最初に始めるときも、それから何十年もやってきた人も、よく悩むのがファンデーションの色です。人には年齢、それからその時の体調によって肌の色は変化しますし、それでなくとも個々の色というのはあるものです。均一的に日本人はこれ、というような肌色はないので、メイクアップをする時には自分の肌の色が詳しくはどうなのかを知らなくてはなりません。

 さて、ここで使用するのはよくある手の甲などではなく、首の肌です。首は顔と繋がっているのでメイクアップをした時にかなり目立つ位置となります。つまり、顔は均一に白く、もしくは淡く仕上げたとしても、首の皮膚の色が全く違うのであれば浮いてしまい、かなり化粧が濃い、という印象を相手に与えてしまうことになりかねません。そこをどうにかするためには、最初にファンデーションを買う時には首の皮膚の色で判断をして下さい。首に塗ってみておかしくなかったら合格です。

 なお、均一に顔全体を同じ色で整えてしまうと平坦な顔になってしまいますから、ファンデーションも2~3色使うのがポイントです。顎、首周りには暗めのファンデを。それから鼻筋、目の下あたりには明るめのファンデを使うようにしましょう。すると小顔効果もあります。